トップ > クエン酸サイクル

クエン酸サイクル

クエン酸サイクルとは、生命がエネルギーを作り出すための体内燃焼システムのことで、イギリスに住む生化学者「ハンス・アドルフ・クレブス博士」によって発見され、クレブス博士はこの功績によって1953年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。

発見されてから60年以上を経過するクエン酸サイクルですが、この理論の骨格はその後も様々な発見によって補強され、今日にいたってもその根幹はまったく揺らいでいません。

「ノーベル医学生理学賞」、この理論を基本にして生きるために必要な唯一のシステム「クエン酸サイクル飲料」を開発しました。

1953年 イギリスの学者クレブス博士によって発見され、ノーベル医学生理学賞を授与された学説です。

60年以上ゆるぎない理論、体内燃焼サイクル(クエン酸サイクル)

クエン酸サイクルを発見したクレブス博士は1900年8月25日にドイツのハノーバーに生まれ、ハンブルク大学の医学部を卒業後、ベルリンの研究所で働いています。
尿素合成のオルニチンサイクルの発見は、知る人ぞ知る彼のすばらしい業績のひとつです。

1933年英国に亡命後、シェフィールド大学に勤務、1937年にクエン酸サイクルを発見し、1953年にこの功績によってノーベル医学生理学賞を受賞しました。
この後、オックスフォード大学の教授などを歴任し、1981年に死去しました。

彼の仕事の優れているところは、発見から60年を過ぎても、彼のクエン酸サイクル理論の骨格がまったく揺らいでいないことです。



クエン酸サイクルのシステム

生きるために必要なエネルギーを作り出し、
脂肪や乳酸を分解し、エネルギーに変換する。



クエン酸サイクルの5つの呼び名

クエン酸サイクル クエン酸が主幹物質であることから
トリカルボン酸サイクル クエン酸はトリカルボン酸のひとつ
TCAサイクル トリカルボン酸の英語名から
クレブスサイクル 発見者のクレブス博士の名前にちなんで
ATPサイクル ATPを作り出す働きから

クエン酸サイクルとは、生きるために必要なエネルギーを作る唯一の仕組みで、このサイクルが回らないと生物は生きることができません!

ヒトでクエン酸サイクルにかかわる酵素の遺伝的な異常に関する報告がほとんどないのは、そのような異常が起こったらおそらく正常な発育ができないということにあるでしょう。一瞬一時的でもサイクルが体内で回らなければ生きていくことができません。

クエン酸サイクルの代謝をスムーズに回すために、「ビタミンB群」が必須ですが、さらによりいっそう代謝機能をスピードアップして体内吸収力を高めるために、バランスの取れたビタミン7種類を配合しました。

水溶性ビタミン群のうち、クエン酸サイクルが機能する上できちんとした役割をもっているビタミンとして、次の4種類があげられる。それらは、

  • α-ケトグルタル酸ゲヒドロゲナーゼ複合体とコハク酸デヒドロゲナーゼの補因子としてフラビンアデニンジヌクレオチドの形をとるリポフラピン
  • クエン酸サイクルの中の三つのデヒドロゲナーゼ、すなわちイソクエン酸デヒドロゲナーゼ、α-ケトトグルタル酸デヒドロゲナーゼ、リンゴ酸デヒドロゲナーゼの補酵素としてニコチンアミドアデニンジヌクレオチドの形をとるナイアシン
  • α-ケトグルタル酸デヒドロゲナーゼ反応における脱炭素の補酵素であるチアミン二リン酸としてのチアミン
  • アセチルCoAやスクシニル-CoAのような”活性を持った”カルボン酸残基と融合した補因子である酵素Aの一部をなすパントテン酸などである。



クエン酸サイクルの概要

グルコース、脂肪酸、多くのアミノ酸はすべて代謝されてアセチル-CoAかまたはクエン酸サイクルの中間体になることから、クエン酸サイクルの主要な機能は、糖質、脂質、タンパク質に共通の最終的な酸化経路として働きます。
また、クエン酸サイクルは、糖質、脂質、アミノ酸の参加が行われるいろいろな過程で放出される自由エネルギーの大半を利用可能なものにするために必要欠くべからざる過程でもあります。

クエン酸回路:好気性生物におけるアセチル-CoAの主な異化経路。アセチル-CoAは糖質、タンパク質、脂質の異化作用の産物であり、この回路に水とともに取り込まれてCo2に酸化され、還元当量(2H)を放出する。一方、呼吸鎖中で2Hが酸化されるのと共役してADPがATPにリン酸化される。サイクルが1回転する間に11個の高エネルギーリン酸が酸化的リン酸化を介して生成され、1個の高エネルギーリン酸がスクシハルーCoAのコハク酸への変換により基質レベルで生成する。

クエン酸サイクルはアセチル-CoA分子が炭素4個のジカルボン酸であるオキサロ酢酸と結合して炭素6個のトリカルボン酸であるクエン酸を生成し、これに続いて2分子のCO2が失われ、オキサロ酢酸が再生する一連の反応から成り立っています。
大量のアセチル基のCO2への変換を速やかに行うために、ほんの少量のオキサロ酢酸は触媒的な役割を演じると考えてよい。





クエン酸サイクル(TCA回路)は、カラダにやさしい、体内の中にあるモノを再生します。
クエン酸サイクルを摂取しますと、体内が燃焼し細胞が活性化され体内から元気になります。

基本効果
  • クエン酸サイクルの活性化
  • 血液の浄化
  • 自然治癒力の増が期待
病気に対する効果
  • 白血球の活性化(免疫の強化)
  • ウイルス性疾患(風邪、肝炎)、癌細胞掃除
  • 体液アルカリ性化
  • 腎臓、循環器系(血液、リンパ管、心臓、血圧)、肝臓
  • 精神と体が相互に関係する症状の改善
  • 眼精疲労、肩こり、関節痛、冷え性、頭痛 等
  • 精神の安定が図りやすくなる
  • 病後の回復力を高める
疲労回復効果
  • 乳酸の増大が体液(血液)を酸性にする可能性
  • 酸性の血液が疲労を引き起こす
  • 血圧の低下、内臓機能低下、腸内の酸化
  • 酸性物質乳酸の減少によって血液が中性、アルカリ性になって、疲労が回復する
スポーツに対する効果
  • 代謝機能の活性化による体質の維持
  • 過剰緊張の緩和による精神の健全化
  • 血液乳酸量低下による内臓機能低下の防止
  • クエン酸とビタミン群の相乗効果によるエネルギー量の増大

だから私たちは提案します。
自分の健康は自分で守る時代です。
クエン酸サイクルとは、生きるために必要なエネルギーを作り出す、
唯一の「体内燃焼バランスシステム」です。



クエン酸サイクル飲料の必要性

現在、栄養は摂取しにくい

現在、普段の食事からは、栄養素は摂取しにくくなっています。

【原因】

  • 加工食品に偏りがちになっていること。
    土壌の変化による食物そのものの栄養素の劣化などにより、栄養の少ない食事をしている。
  • ストレスなどで栄養を吸収しにくい体質に変わってきているのも原因の一つです。

また、栄養不足は生活習慣病の原因になります。
運動不足、飲酒、睡眠不足、喫煙が加われば、なおさらです。


自分の健康は自分で守る

これからの社会、高齢化が進み、医療費の自己負担額もどんどん高くなっていきます。

重要なことは
「病気にならないカラダづくり」
「自分の健康は自分で守る」

クエン酸サイクル飲料は、私達が食事では補いきれない栄養分を補足、補充するものです。
そのために私達は、クエン酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく配合したクエン酸サイクル飲料サプリメントを推奨します。
あくまでも皆様の健康維持のお役に立ちたいと考え、ご提案するものであり、病気についての詳しい件に関してはお医者様にご相談下さい。



クエン酸サイクル代謝燃料飲料を開発した社会背景

低所得者が増加 自己負担増も影響

都道府県と政令指定都市が運営する全国248公立病院で、患者から支払われていない治療代(未収金)が昨年3月末で1病院あたり約3300万円にのぼっていることが調査でわかった。
過去3年間で1病院あたり1千万円も増え、1億円を超える病院もあった。
自治体の多くが低所得者の増加と医療費の自己負担引き上げが原因と回答。03年度のサラリーマン本人の負担増など、国の医療制度改革も未収金急増に追い討ちをかけた格好だ。病院経営の圧迫要因にもなりかねず、各自治体とも対策に苦慮している。


生きるために必要な唯一のシステム「クエン酸サイクル飲料」

クエン酸は三つの酸基とひとつの水酸基をもった有機酸です。
このクエン酸が前に述べたエネルギーの最終過程にあたる好気性分解過程の中で最初に合成される化合物なのです。
この好気性分解過程はクエン酸サイクルもしくは発見者の名前をとってクレブスサイクル、またはTCAサイクルなどと呼ばれます。
様々な代謝の過程を経て形成されたピルビン酸は嫌気性分解で還元されて乳酸になります。
一方、好気性分解は酸化、脱尿酸反応を経て、補酵素Aと結合し、アセチル補酵素A(CoA)となります。
このCoAがオキザロ酸と反応してクエン酸サイクルの中に入り、これが様々な酵素反応を繰り返しながら最終的に八つの酸に変化しながらオキザロ酢酸に戻りこのサイクルが完結します。

ここで生成した水素が呼吸鎖により酸化、水を生成していく過程で、エネルギー蓄積物質であるATPを形成していきます。その時、炭酸ガスや水になり老廃物を廃棄しながらクエン酸サイクルが一回まわる毎に12個ものATPを形成し、アセチル基は完全に炭酸ガスと水に分解され、対外に排出されます。一方、アセチル基は完全に炭酸ガスと水とに分解され、体外に排出されます。一方、嫌気性分解で乳酸を形成する過程ではATPは形成されず、疲労物質である乳酸が残されてしまうことになります。



クエン酸サイクルの三つのポイント

  • 心肺機能を高め、血液中へ酸素を取り入れやすくする。
    (有益な活性酸素)
  • 血行をよくし、酸素やエネルギー源を細胞に取り入れ易くする。
    (血液浄化)
  • 細胞の代謝を活発にし、乳酸が溜まりにくくする。
    (クエン酸サイクルの活発化)

1. に関してはジョギング、ウォーキング、ゲートボール等、適度な運動を心がけ、心肺機能を高めることが大切でしょう。
2. 3. は乳酸をいかに減らすかが大きなポイントになります。
これがクエン酸サイクルに密接に関わるのです。

クエン酸サイクル活動はあなたの体の代謝機能を向上させ、血管にこびりついたコレステロールをキレイに掃除してくれる可能性を持っています。
そして、きれいな血液は心臓・肝臓・腎臓などの内臓の働きを活発にします。また、クエン酸サイクル飲料を飲むと体内のクエン酸サイクル活動が活発になり、炭酸ガスが発生し、乳酸・体脂肪を分解します。
これらにより、生活習慣病と呼ばれる糖尿病、肥満、高血圧、高脂血症、メタボリックシンドロームに絶大な効果が期待されます。



参考資料:ハーパ生化学より補足引用